わかばひふ科クリニック(東京都武蔵野市吉祥寺東町)

武蔵野市・杉並区・練馬区他の赤ちゃんから子供、大人、老人まで幅広く診察をする皮膚科クリニックです。アトピーやあざを始め、水虫、とひび、湿疹などの相談・治療を行なっています。

TEL0422-22-1232


〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目11-2 伊藤ビル1F

ロドデノールのカタチ

ロドデノールのカタチ

ロドデノールの問題は落ち着く様子を見せません。

カネボウの発表によると(7月23日発表、7月19日現在)
(←これより新しい報告は無いのでしょうか)

何らかの症状の訴えがあったのが6800名あまり、
「3個以上」「5cm以上」「顔面の」白斑というより強い症状が出たのは2250名

と多くの方の皮膚にトラブルが発生していることを予想される数字です。

とうとう当院にも可能性の有る方が受診されました。

 

ここまで問題が広がってくると、一つの疑問が出てきます。それは・・・

「そもそも、ロドデノールはどんな形をした分子なの」

ということです。
薬により引き起こされる問題の一部は、その薬の分子を確認することで理解することができます。

しかし、今回のロドデノールについては
日本皮膚科学会その他の情報では

「チロシナーゼ及びチロシナーゼ関連タンパクの働きを抑制する」

としか、記載されていませんでした。
分子の識別番号からCASにとんでも分子式は記載されていないし・・・

 

と思っていたら、有機化学の専門家の方のブログを発見しました。

リンクはこちらです。

分子構造を見ていると、確かにチロシンに良く似ています。
これなら、チロシナーゼにハマり込んで、酵素の活性に影響をあたえることも有るでしょう。

 

 

 

最後に、患者さんを診察してみて気になったこと。(あくまでも疑いですけど)
これ、疑いの人を診察した場合、診療費用はどうなるかと気になっていたのですが、

保険診療で問題ないようです。

はっきりした場合は、カネボウさんと患者さんの間で相談する形になるようですね。

« »

コメント

  • ちえ より:

    はじめまして。
    カネボウ当該品の使用時期と使用部位が一致して白斑を発症した者です。

    リンクは「ロドデノール含有化粧品の安全性に関す
    る特別委員会」が8月1日に発表した情報です。
    原因不明につき安心できる内容ではありませんが・・・今のところこれが最新の発表ですね。

    このようなとき、患者は医師だけだ頼りです。
    私は先月初旬ある皮膚科クリニックに診てもらい、化粧品起因を訴えましたが、全く関係ないと悲しい対応をされました。

    これからさらに増えると思われる患者に、全国の皮膚科医の皆さまは心のある対応を願っています。

    • wakaba-hifuka より:

      こんにちは。

      全くもってその通りかと思います。
      確かに化粧品のトラブルについて、皮膚科として診察時の対応に気をつけることは沢山あるかと思います。

      私も化粧品にはあまり詳しい方では無いので、偉そうなことを言える立場では無いのですが、
      まず疑うこと、そして詳しく調査あるいは検査することが必要かと思います。
      当然、化粧品会社にも問い合わせを行う必要があるでしょう。

      今回の問題が発覚したのは、化粧品会社とはまったく関係の無い皮膚科医からの連絡があり、
      初めて大きな問題に気がついたということです。
      逆に言えば、その皮膚科医はきちんと疑い、対応してくれたというわけですね。
      現在、まったく触れられていませんが、その皮膚科医は大いに称賛されてしかるべきかと思います。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。